各研究テーマの概要:
エネルギー需要の拡大や地球温暖化がクローズアップされる中,地下空間の有効利用,分散型電源・蓄電,軽量かつ高強度な次世代複合材料の開発に関する研究が注目されています.橋田研究室では,材料強度学を学術的基盤として「エネルギー・環境」に関わる研究を推進しています.
地殻エネルギー抽出システムの設計
CO2の地下貯留可能量,浸透特性の評価
固体酸化物燃料電池,全固体二次電池の信頼性評価
カーボンナノチューブの力学特性評価とナノ複合材料の開発

最新の学術論文,学会発表,受賞情報はこちらをご覧ください.

--------------------------------------------

橋田研究室は工学研究科附属先端材料強度科学研究センターに所属しています.詳細はこちらのページをご参照ください.

--------------------------------------------

●更新情報

2018/5/25 M1学生の薮田さんが資源・素材学会東北支部春季大会で成果発表を行いました.
ポスター発表において銅賞を受賞しました.

2018/4/30 Book chapterが公開されました.
Keiichi Shirasu, Go Yamamoto, Daniel Nelias,Toshiyuki Hashida, “Mechanical and fracture properties of carbon nanotubes” in Carbon Nanotubes- Recent Progress, edited by Mohammed Rahman, InTech open access publisher, 89–108 (2018). ISBN 978-953-51-5707-6
https://www.intechopen.com/books/carbon-nanotubes-recent-progress

2018/4/5 新3年生が配属されました.

2018/3/19-20 香港城市大学で行われた材強研ワークショップに参加しました

2018/2/28  M2学生のFuad君がワークショップで成果発表を行いました.
Fuad Ikhwanda, Anna Suzuki, Toshiyuki Hashida, Development of Numerical Methods for Estimating Fluid Flow Path in Fractured Geothermal Reservoir, 43th Workshop on Geothermal Reservoir Engineering, Stanford University, Stanford, California, USA, February 12-14, 2018.

2017/10/24 研究論文が早期公開されました.
Keiichi Shirasu, Go Yamamoto, Yoku Inoue, Toshio Ogasawara, Yoshinobu Shimamura, and Toshiyuki Hashida, Development of large-movements and high-force electrothermal bimorph actuators based on aligned carbon nanotube reinforced epoxy composites, Sensors and Actuators A: Physical, In press. [Link]

2017/10/20 M2学生の高道君が学会発表を行いました.
高道 範武, Willis-Richards Jonathan, 橋田 俊之,能動型地熱エネルギ抽出のための不均質アスペリティ分布を考慮した水圧破砕誘起せん断破壊挙動の評価,日本地熱学会平成28年函館大会,函館アリーナ(函館市),2017年10月20日

2017/9/26 研究業績を更新しました.

2017/9/15 白須助教が学会発表を行いました.
白須圭一,玉木格,山本剛,橋田俊之,配向カーボンナノチューブ/エポキシ複合材料の線膨張係数に及ぼすカーボンナノチューブの結晶性の影響,第42回複合材料シンポジウム,仙台(東北大学),2017年9月14-15日.

2017/9/6 D2学生の熊田君とM2学生の高道君が学会発表を行いました.
熊田圭悟,佐藤一永,橋田俊之,酸化還元サイクル環境中における固体酸化物燃料電池の機械的劣化評価に関する研究,日本機械学会2017年度年次大会,埼玉大学(さいたま市),201794日.
高道 範武, Willis-Richards Jonathan, 橋田 俊之,能動型地熱エネルギ抽出のための不均質アス ペリティ分布を考慮した水圧破砕誘起せん断 破壊挙動の評価,2017年度日本機械学会年次大会,埼玉大学(さいたま市),2017年9月6日.

2017/8/28 白須助教が学会発表を行いました.
Keiichi Shirasu, Takuto Miyaura, Go Yamamoto and Toshiyuki Hashida, Friction and wear properties of carbon nanotube/alumina composites under water lubricated conditions, 21th International Conference on Composite Materials, Xi’an, China, August 21-25, 2017.

2017/7/31 D2学生の熊田君が学会発表を行いました.
Keigo Kumada, Kazuhisa Sato, and Toshiyuki Hashida, Evaluation of Mechanical Damages in SOFCs during Start/Stop Operation by Using Acoustic Emission Technique, 15th International Symposium on Solid Oxide Fuel Cells (SOFC-XV), Florida, USA, July 22-27, 2017.
(ポスター発表)

2017/6/21 研究論文が早期公開されました.
Keiichi Shirasu, Itaru Tamaki, Takamichi Miyazaki, Go Yamamoto, Raman Bekarevich, Kaori Hirahara, Yoshinobu Shimamura, Yoku Inoue and Toshiyuki Hashida, Key factors limiting carbon nanotube strength: Structural characterization and mechanical properties of multi-walled carbon nanotubes, Mechanical Engineering Journal, Accepted. http://doi.org/10.1299/mej.17-00029 [Link]

2017/6/14 白須助教が学会発表を行いました.
白須圭一,山本剛,橋田俊之,配向カーボンナノチューブ/エポキシ複合材料を用いた熱駆動バイモルフアクチュエータの開発,プラスチック成形加工学会 第28回年次大会,東京都江戸川区(タワーホール船堀),2017年6月14日-15日.

2017/4/13 研究業績を更新しました.

2017/4/5 新3年生が配属されました.

山本 剛先生が准教授に昇任され,

航空宇宙工学専攻の岡部研に異動されることになりました